当院の取り組みについて
明細書発行体制等加算について

メープル木更津クリニックでは、医療の透明化や患者さんへの情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行の際に個別の診療報酬の算定項目のわかる明細書を無料で発行しております。発行は無料ですが、保険点数は1点が算定されています。

生活保護やひとり親等の公費負担医療の受給者で、医療費の負担のない方についても、明細書を無料で発行いたします。 なお、明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されているものですので、その点ご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合その代理の方への発行も含めて、明細書の発行を希望されない方は、受付にてその旨お申し出ください。

夜間・早朝等加算について

夜間・早朝等加算とは、国が決めた診療報酬点数に基づく算定であり、指定の時間以降に受診される方に関して、初診料または再診料に夜間・早朝等加算として50点を加算するものです。加算対象の曜日、受付時間は以下の通りです。

【加算対象の受付時間】
平日:18時以降
土曜日:正午以降(午後の受付時間帯すべて)
日曜日・祝日:終日(午前・午後の受付時間帯すべて)

一般名処方加算について

メープル木更津クリニックでは、医薬品の安定供給に向けた取り組みを実施しております。処方箋に特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤成分をもとにした一般名処方を行う場合があります。それにより、特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が供給しやすくなります。通常処方箋には医薬品名が記載されますが、医薬品名ではなく一般名(成分名)で処方箋を発行した場合に算定します。

また、医薬品の供給状況や、令和6年10月より長期収載品について医療上の必要性があると認められない場合に、患者さんの希望を踏まえ処方等した場合は選定療養となることがあります。

以上の取り組みを踏まえ、令和6年6月より、以下の点数を算定いたします。

一般名処方加算1 (10点):後発品があるすべての医薬品が一般名処方されている場合で、出された医薬品が2品目以上の場合算定します。

一般名処方加算2 (8点):1品目でも一般名処方されている場合に算定します。

初診時の機能強化加算について

当院は「かかりつけ医」として契約している在宅の患者さんに以下の取り組みを行っています。初診時に80点加算いたします。
①他の医療機関の受診状況およびお薬の処方内容を把握した上で服薬指導を行います。
②健康診断の結果に関する相談等、健康管理に関するご相談に応じます。
必要に応じ、専門の医師・医療機関をご紹介します。
③介護・保健・福祉サービスに関するご相談に応じます。
④夜間・休日等の緊急時の対応方法について情報提供いたします。

医療情報・システム基盤整備体制充実加算について

初診】

加算1 4点
(健康保険証を提示された場合・マイナ保険証を提示するも薬剤情報等の取得に同意されない場合)

加算2 2点
(マイナ保険証を提示され、薬剤情報等の取得に同意された場合・初診で紹介状を提示された場合)

当院の施設基準として以下の2点を満たしており、質の高い医療の提供に努めます。

  1. オンライン資格確認を行う体制を有している。
  2. 当院を受診した患者さんに対し、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行う。
医療情報取得加算について(R6.6.1~)

メープル木更津クリニックでは、オンライン資格確認を行う体制や、情報の取得及び活用を行っております。その取り組みを踏まえ、以下のように算定いたします。

【初診時】
医療情報取得加算1:3点(月1回):マイナ保険証を利用しない場合(健康保険証を利用)
医療情報取得加算2:1点(月1回):マイナ保険証を利用した場合、または他の医療機関から診療情報の提供を受けた場合

【再診時】
医療情報取得加算3:2点(3月に1回):マイナ保険証を利用しない場合(健康保険証を利用)
医療情報取得加算4:1点(3月に1回):マイナ保険証を利用した場合、または他の医療機関から診療情報の提供を受けた場合

医療DX推進体制整備加算について(R6.6.1~)

メープル木更津クリニックは令和6年6月の診療報酬改定に伴う、医療DX推進体制整備について以下のとおり対応を行っております。
「DX」とは「デジタルトランスフォーメーション」の略称で、デジタル技術によって社会や生活の形を変えることを指す言葉です。「医療DX」では、診察・治療・薬剤処方等における情報をデジタル技術で活用し、皆様がより良質な医療を受けられる体制の構築を目指します。
メープル木更津クリニックでは、医療DXの推進に伴い、医療DX推進体制整備加算(月1回)8点を算定いたします。

 【医療DX推進への取り組み】
①レセプトのオンライン請求を行っております。
②オンライン資格確認(保険情報の取得)を行う体制を有しております。
③医師が、電子資格確認を利用して取得した診療情報等(患者さんの薬剤情報、特定健診情報)を、診察室等において、閲覧又は活用できる体制を有しております。
④電子処方箋を発行する体制を有しております。
⑤電子カルテ情報共有サービスを活用できる体制については、当該サービスの対応待ちです。(経過措置令和7年9月30日まで)
⑥マイナンバーカードの健康保険証利用の使用について、実績を一定程度有しております。
⑦医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行うことについて、院内の見やすい場所及びホームページに掲示いたします。

外来感染対策向上加算と発熱患者等対応加算について(R6.6.1~)

メープル木更津クリニックでは、院内感染防止対策として、以下の取り組みを行っております。

①はじめて受診される方、かかりつけ以外の方も受診歴にかかわらず、発熱などの感染症を疑わせる症状がみられる方が外来受診できる体制を整えています。
②発熱などの感染症を疑わせる症状がみられる方の受診につきましては、動線を分けます。

具体的には電話にて完全予約制とします。予約を取られた方には、来院時間等についてご案内します。可能な限り自家用車でご来院いただき駐車場に到着されましたら、車内からクリニックに電話して、そのまま車内待機をお願いします。職員が駐車場のお車に伺い、車内での受付、診察、検査、会計となります。

徒歩で来院される方には、駐車場脇に椅子を用意しますので、腰かけてお待ちください。
発熱外来の方は院内に入らずに、受付、診察、検査、会計を行います。感染対策のため動線を分けますので、ご協力を宜しくお願い致します。

③感染管理者である院長が中心となり、職員全員で院内感染対策を推進します。
④院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、研修会を年2回実施します。
⑤標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成し、職員全員がそれに沿って院内感染対策を推進していきます。
⑥感染対策に関して、君津木更津医師会や基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。

以上の取り組みから、外来感染対策向上加算として、初診時・再診時共に6点(月1回)を算定いたします。

また、発熱などの感染症を疑わせる症状がみられる方の受診時には、発熱患者等対応加算として20点(月1回)算定いたします。

ご予約・お問合せ

TEL: 0438-40-5240

(電話受付時間:月・木 14:00〜18:30/ 金 9:00~12:00 14:00~18:30/ 土・日 9:00~12:00 14:00~17:00)